肉骨茶(バクテー)はスペアリブの漢方スープ!京都で味わうマレーシアの味

グルメ
スポンサーリンク

肉骨茶というメニューをご存じでしょうか?私も今回初めて知ったのですが、肉骨茶と書いてバクテーと読む料理。茶という文字があるので茶の1種かと思いきやスープ料理で、マレーシア、シンガポールの料理だそうです。

京都の街をブラブラ歩いているとこのバクテーを手軽に食べられる「哺哺肉骨茶(Boo Boo Bakkutteh/ブーブーバクテー)」というお店を偶然発見、お腹が空いてたこともあって実際に食べてみました。

そもそも肉骨茶(バクテー)とはどんな料理?

今回紹介する肉骨茶(バクテー)という料理ですが、すでに紹介したようにマレーシアやシンガポールのスープ料理で、具材は肉と骨という名前から何となく想像できるように骨付き肉、つまりスペアリブを使用したスープ。

マレーシアは中国から強く影響を受けた国ということで漢方ベースのスープとなっていて、端的に言えば「肉骨茶(バクテー)はマレーシアやシンガポールのスペアリブ漢方スープ」ということになっています。

ちなみに茶という字が使われますが、そもそも茶葉は使用していませんでした、しかし色々変遷があった後、今では茶葉を使った肉骨茶も多く存在するそうです。

肉骨茶(バクテー)-Wikipedia-
https://ja.wikipedia.org/wiki/肉骨茶(バクテー)

京都の肉骨茶専門店のブーブーバクテー

スペアリブ漢方スープという何だかとんでもなく美味しそうな料理である肉骨茶、本格的になのにお手軽に食べられるお店が京都にあります。地下鉄の駅にもなっている京都市役所の少し北のエリアを歩いていると、肉骨茶という何とも不思議で美味しそうな文字列が書かれたお店の「哺哺肉骨茶(Boo Boo Bakkutteh/ブーブーバクテー)」を発見。

私はバクテーという料理を知らなかったので、骨を使ったお茶があるのかと思って、お店を覗いてみるとアメリカンなカフェのような雰囲気。ますます不思議な思いでお店の人に聞いてみるとバクテーがスペアリブの漢方スープと判明。カフェの奥にバクテーのお店があってそこで食べられるということなので食べてみました。

入り口のようすからカフェだと思っていたお店ですが、奥へ進んでみるとオシャレな感じの中華風な内装の店舗があり、そこがバクテー専門店のブーブーバクテーとなっていました。

メニューを確認するとラインナップとしてはバクテーの定食が基本という感じ。注文してしばらくするとバクテー定食が到着しました。

ますはメインとなるバクテーとそれに中華風の青菜の炒め物、そこに中華式の揚げパンである油條(ヨウティヤオ)とお米と薬味という内容の定食となっています。

スペアリブスープのバクテーは意外と爽やか

まずは何と言ってもバクテー、そのスープからいただきたいと思います。茶色いスープは、いわゆる醤油ベースで少しライトな漢方テイストの味、もっと強めの漢方の味を想像していましたが、割と日本人でも食べやすい雰囲気。またスペアリブが入っていますがイメージほどギトっとした印象ではありません。

つまりスッキリとした旨味のあるスープとなっていて、スープはやかんでのおかわりが可能なので、ハマったら追加で飲むことが可能です。

また油條はスープに浸して食べるので、足りなくなったら加湯(ジャータン)してもらいましょう。

次にスペアリブのお肉ですが、こちらはトロットロというわけではなく割とガシッとしていて食感がしっかりと残っています。

バクテーはそのままでも食べられるのですが、味変的な薬味がとしてパクチーと唐辛子、特製ダレがセットされています。

タレは醤油よりトロッとしていて、たまり醤油的で甘めな味でバクテーを付けて食べると、サッパリしていたスペアリブが角煮的な味になってごはんとの相性がさらにアップ、そこに唐辛子を入れて刺激を加えることもできます。

またパクチーはスープの方に入れると爽やかな風味が増して、よりスッキリとした味になって、いくらでも飲めるスープになります。

またサイドメニュー的な青菜炒めもアジアンな香りでクオリティが高く、スープでご飯、お肉でご飯、青菜でご飯と食べていると、モリモリとご飯が消費されます。

お店でバクテーの定食を食べていると「ここでバクテーが食べれるの?まさか京都でバクテーを食べられるなんて感激」というインバウンド旅行者の人が入ってきて「美味しい」と感動していました。

お店は京阪の三条駅や京都御所などから歩いて行ける場所にあるので、京都ブラブラ散策の変わったランチなどにもピッタリですよ。またバクテー以外にも初めの方に説明したアメリカンなカフェやクラフトビールのお店が併設されている複合的なお店となっているので、気軽に立ち寄ってみるのもオススメです。

あなたの次の旅にオススメな宿-スポンサーリンク-

【哺哺肉骨茶(Boo Boo Bakkutteh/ブーブーバクテー)へのアクセス】

京都市営地下鉄東西線の京都市役所前駅をおりて北へ歩いてすぐの場所にあります。

【哺哺肉骨茶(Boo Boo Bakkutteh/ブーブーバクテー) 店舗情報】

住所京都府京都市中京区榎木町99-1
TEL075-211-1511
営業時間12:00~22:00
アクセス京都市役所前駅から225m
定休日水曜日
公式サイトhttps://booboobkt.com/

ま・と・め!

肉骨茶と書いてバクテーと読むマレーシア、シンガポールのスペアリブ漢方スープ
京都でバクテーが手軽に食べられる哺哺肉骨茶(Boo Boo Bakkutteh/ブーブーバクテー)
骨付き肉のスープであるバクテーですが意外とスッキリした味わい軽めの漢方テイストで爽やか

京都を旅行して肉骨茶(バクテー)を楽しむなら、
航空券と宿がセットの楽天トラベルの「楽パック」が便利でお得!

あわせてお読みください

旅カタログでは京都の喫茶店とカフェ、おばんざいランチの記事などの記事をまとめてあるのであわせて読んで京都旅行の計画にお役立てください。

京都の喫茶店&カフェのまとめ記事はコチラをお読みください

■京都の喫茶店&カフェまとめ5+1選!定番の人気店から意外な穴場のお店まで
https://tabicatalog.com/kyotocafe01/

おばんざいランチのまとめ記事はコチラをお読みください

■京都でおばんざいランチならココ!1000円台で本格派を堪能できるお店まとめ5+1選
https://tabicatalog.com/obanzaimatome/

またサイト全体のまとめ記事をまとめた記事もあります。よかったら気になるスポットがあるかぜひ確認してみてください。

まとめ記事のまとめ記事はコチラをお読みください

■旅するグルメライターがオススメのスポット大集合!旅カタログのまとめ記事のまとめ
https://tabicatalog.com/matome/

タイトルとURLをコピーしました