水都大阪の異空間!西天満竹井で味わう浮世絵とコーヒーにお酒と非日常と

大阪

水都大阪の象徴である大川の流れる中之島北浜エリア。中央公会堂から歩いてすぐの場所にちょっと妖し気なお店を発見。

少し勇気を出してお店に入ってみるとハイセンスなのに、ゆったりした時間を過ごしながらコーヒーが楽しめる不思議な魅力満載なお店でした。

スポンサーリンク

梅田からも北浜からも歩いて行ける西天満竹井

今回紹介する西天満竹井のあるのは店名にもあるように西天満。大阪の梅田の南、京阪の北浜の北側という場所で主要な駅から歩いて行けるけど穴場的というちょっとエアポケット的なアクセスの場所。

水都大阪を代表する川である大川の北側、中央公会堂への橋が架かる辺りを歩いていると、こんな古風で和風な建物があります。普通の民家とはではない、かといって古民家カフェとも少し違うという外観。しかし営業中という看板があり、かろうじて何かのお店だということはわかる雰囲気。よくみると浮世絵という看板があるので浮世絵屋さんということなのでしょうか?

「北浜から梅田へ歩いたこともってお店のある場所を何度か通ったことがある」という方でもお店の存在に気が付かない人も多いと思います。それもそのはず、お店は北浜から梅田に行くには橋を渡って北西へ歩きますが、お店があるのは橋の東側、そういう動線から外れがちな立地ということもあって隠れ家的なお店となっています。

少しの勇気を持って入り口をくぐってみると中は古民家をリノベしたような雰囲気。しかし、ところどころに仏像などがあって何屋さんなのか全然わからない。

お店の人に聞いてみると、ここはやっぱり浮世絵屋さんということで和風の家屋に浮世絵を展示して販売していてコーヒーも飲めるというお店で、夜はバーもやっているとのこと。

日本家屋で展示販売されるクールな浮世絵

お店の方から「自由に見学して写真も撮ってもらっていいですよ」ということでしたのでコーヒーを注文してお店を自由に見学させていただきした。

お店は1階がカフェ&バーで2階3階が浮世絵販売スペースなのですが、日本間の造りにソファが置いてあって和洋折衷な空間。そこに浮世絵が並べられています。

私が見た時には歌川国芳やその弟子である月岡芳年と河鍋暁斎の浮世絵がたくさん展示されていました。この師弟は浮世絵の中でもちょっと独特で、ともに江戸末期の浮世絵師なんですが近代のマンガの集中線のような線を浮世絵の中に書き込み迫力があるのが特徴。

とにかくカッコいい!誤解を恐れずに言うとクールなアメコミのヒーローのような迫力のある浮世絵でこれまで浮世絵に興味のない人でも好きになれる画風だと思います。

多分にもれず私も大好きな浮世絵師でその作品に囲まれてゆっくりできる幸せ空間となっています。

また室内の小物に至るまで緻密でカッコいいのがたくさん。こちらの硯など精緻な細工の入っている一品でさりげなく配置されていますがカッコいい。

さらにこちらは何やら生け花のようなオブジェ。押入れの中の空間を利用して造花と実際の土を合成した作品で、圧倒的な存在感となっています。

カフェバーもシンプルながら画になる空間

お店の中をウロウロしていましたがコーヒーもあるということで戻って一服。カフェカンターもオシャレな雰囲気でシンプルなカップとの相性バツグン。

レコードプレイヤーから流れるBGMを聞きながらコーヒーで一息ついていると、お店は地下にも空間があるということなのでそちらも見学に行ってみると、驚愕の空間が広がっていました。

地上とはまるで違う地下空間の魅力

地下に入ってみると何やら薄暗い空間。聞いてみると、この地下はなんと、かつての入れ墨彫師の作業場とのこと。

見本の図などが無造作に壁に掛けられていてアングラな雰囲気がプンプンで、お好きな人には堪らない空間が広がっています。

と、ここまでくると、正直気になるのがコーヒーの価格。こんなに色々見させてもらったし、そういえば注文の時に値段表もなかったので1000円とか2000円とかするかも?と覚悟していたら500円でした。これはお値打ちすぎる。

地上3階、地下1階の空間にカッコよさと妖しさがカオスに混在する空間でコーヒーが飲める西天満竹井。日常から少しかけ離れた異空間で一息つくのに最適のお店です。

夜は夜で昼にはない顔

また後日、夜にお店にお邪魔してみると雰囲気にも変化がありました。窓から見える水都の景色は夜景になっていてイルミネーションも相まって幻想的。2階3階の雰囲気もより落ち着いた感じになっていました。

また提供されるドリンクもお昼のコーヒーにお酒のラインナップが加わりカフェからバーへと変身していました。ビールからジンやウィスキーなどあるのですが、ほかではなかなか飲めない珍しい品が揃っています。

こちらはジンなのですがハチミツ農家さんが作ったクラフトジンでジンのほろ苦さと甘さが同居している不思議なジンでした。ほかにもウィスキーを1杯いただいて料金は2500円。

昼でも夜でも少し腰を落ち着けるくらいなら価格は安価、フラッと立ち寄れることを知っていると楽しいお店です。お店の人曰く「何のお店か気になって何分も迷って入ってこない人も多い」とのこと。大丈夫、怖いお店ではないので気軽に入って西天満竹井が持つ独特の空気を堪能してみてください。

あなたの次の旅にオススメな宿-スポンサーリンク-

【西天満竹井へのアクセス】

京阪電車北浜駅をおりて北へ向かって難波橋を渡って、北西へ2~3分ほど歩いた場所にあります。

【西天満竹井 店舗情報】

住所大阪府大阪市北区西天満1丁目13-4
TEL06-6360-7111
営業時間喫茶タイム 12時~18時
BARタイム 20時~26時(L.O 24時30分)
アクセス京阪電車北浜駅より徒歩10分
定休日土日祝
公式サイトhttps://takei.studio/

ま・と・め!

北浜・中ノ島エリアから近い西天満にある異空間な浮世絵屋さんの西天満竹井
素敵なカフェでコーヒーもいただけます。お値段も1杯500円なので安心
2階3階はオシャレな和空間で地下はアングラな異空間が広がっています

大阪を旅行して西天満竹井の異空間を楽しむなら、
航空券と宿がセットの楽天トラベルの「楽パック」が便利でお得!

あわせてお読みください

当サイト「旅カタログ」では西天満竹井のほかにも扉の向こうが異空間のような関西スポットをまとめて紹介しています。関西旅行の選びの参考にお役立てください。

旅カタログの異空間体験まとめ記事はコチラをお読みください

■扉の先は別世界?異空間体験ができる関西スポット5選
https://tabicatalog.com/anotherworld01/

テーマに沿ったスポットごとに記事を凝縮したまとめ記事も複数存在していて、まとめ記事をまとめた記事もあります。よかったら気になるスポットがあるかぜひ確認してみてください。

まとめ記事のまとめ記事はコチラをお読みください

■旅するグルメライターがオススメのスポット大集合!旅カタログのまとめ記事のまとめ
https://tabicatalog.com/matome/

タイトルとURLをコピーしました